芦屋市 M病院様 内視鏡室工事 造作工事

人気ブログランキングへ
    ↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。
一日一回ポチッとして頂ければ幸いです。



b0171510_1021323.jpg

設備の仕込みが終わり、次は造作工事です。

現場には軽天屋さんが来ています。

「軽天(けいてん)」というのは軽量天井の略で、薄い鋼板で作られた軽量の
鉄骨材を用いて天井下地を組むことを言います。また天井だけでなく壁も同じ
ような薄鋼板鉄骨で下地組みをしますので、「軽鉄(けいてつ)」とも言われ
ています。

b0171510_10163022.jpg

軽鉄材でパイプスペースの下地を組んでいます。






今回は吊り戸をつける下地も軽天屋さんにお願いしました。
吊り戸設置部分の石膏ボードをめくっています。

b0171510_10173477.jpg



吊り戸設置部が軽鉄下地という予想を裏切り、GL工法というボンドでボードを
張り付ける工法であり、なおかつ下地との隙間が少なく配線を通すスペースが
確保できないため、急遽下地を少し前に出して下地合板を張ることにしました。
写真は下地を胴縁という木材で組んでいるところです。
普通は軽天屋さんはこういうことはしません(笑)

b0171510_1018177.jpg



b0171510_10192840.jpg

吊り戸の下地が完了し、パイプスペースのキッチンパネル張りも完了しました。


b0171510_10215788.jpg

吊り戸を設置しています。
使用者の作業性向上のため一般よりは少し低い位置に設置しています。


b0171510_10221458.jpg

造作工事完了です。
吊り戸の背が大きなものになっても対応できるよう、下地は天井まで伸ばしています。


◎家守りの工務店◎
株式会社 藤野工務店
http://www.fujino-house.co.jp/index.html
[PR]

by kgfujino | 2011-05-19 19:46 | 芦屋市M病院様 内視鏡室工事  

<< 芦屋市 M病院様 内視鏡室工事... 芦屋市 M病院様 内視鏡室工事... >>