人気ブログランキング | 話題のタグを見る

C様邸 図面書き

C様邸 図面書き_b0171510_17432142.jpg

現場監督というとどんなイメージをもっておられるでしょうか?

「図面どおりに現場が納まっているかを検査をする人」

などでしょうか?(笑)






それも重要な職務ですが、実は他にもいろいろあるんです。

上の例えは「品質管理」と言えると思うのですが、他には、安全管理、工程
管理、予算管理などが挙げられると思います。


話が逸れましたが、今日は軒先の納まり図を描いていました。
設計事務所などがきっちりと詳細図を書いている図面なら、それを見て職人さ
ん達は仕事が出来るのですが、そういった詳細図がない場合も多いです。

意匠図(立面図など)は大抵1/100スケールの場合が多く、細かなところの正
確な寸法は図面には記されていません。


こんな場合、職人さんは、

「監督さん、ここ(図面の一部を指差しながら)どうやって納めるの?」
「監督さん、この寸法が分からんと仕事が進まんよ・・・」

とか言って必ず監督にプレッシャーをかけてきます(笑)


今回のC様邸では軒廻りに少し納まりのややこしい所がありますので、そのあ
たりの詳細図を描きました。

また、RC造などでは躯体の施工図作成は必ず行なうことになります。仕上が
りの種類を考えながら、仕上がったときにきっちり図面どおりの寸法になるよ
うに、また、タイル張りなどの場合は、タイルが建物の端から端に、開口部に
変な切り物が入らないようになど、けっこう神経を使うことになります。


冒頭に、「図面どおりに現場が納まっているかを検査をする人」
と書きましたが、


その一歩手前、

「職人さんに正確に図面の意図を伝える」
「そのために図面(施工図)を作成する」

というのも監督の大事な仕事のひとつだったりします(笑)

by kgfujino | 2009-09-25 19:33 | 宝塚市C様邸新築工事  

<< C様邸 木工事 天井下地組み C様邸 木工事 瑕疵保険中間検査 >>