人気ブログランキング |

C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し

C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し_b0171510_18232244.jpg



前回生コンを打った立上がりの型枠をばらしました。

C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し_b0171510_1824889.jpg



すぐに天端の検査を実施しました。

天端の検査というのは立上がり部分の天端(上端部)の高さがきっちりと揃っ
ているかを見極めるものです。概ね+1.5mm、-1.5mmの±3mm程度に納ま
っていればOKとしています。ただし、短距離で急激に高低があるところはNGで
す。特に引き戸や階段の設置される場所はよりシビアに見る必要があります。
そういう重要な部分では910mmピッチで、その他の部分ではだいたい2mピッ
チくらいで一ヶ所づつレベルという測量機器で計測していきます。

結果は上々でした。
手直しが必要な箇所は一ヶ所のみ。なかなかの精度でした。





C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し_b0171510_18244848.jpg

画像はその手直し箇所です。
この範囲を1mm下げて欲しいという指示です。


型枠ばらしが終わると、外周部の埋め戻しを行ないます。
一輪車での手運びとなりました。。。。

C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し_b0171510_1936583.jpg



暑い中本当にご苦労さまでした。

by kgfujino | 2009-08-31 18:08 | 宝塚市C様邸新築工事  

<< ちょっと東六甲展望台 C様邸 基礎工事 立上がりコン... >>