<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

C様邸 基礎工事 脱枠、天端検査、埋め戻し

b0171510_18232244.jpg



前回生コンを打った立上がりの型枠をばらしました。

b0171510_1824889.jpg



すぐに天端の検査を実施しました。

天端の検査というのは立上がり部分の天端(上端部)の高さがきっちりと揃っ
ているかを見極めるものです。概ね+1.5mm、-1.5mmの±3mm程度に納ま
っていればOKとしています。ただし、短距離で急激に高低があるところはNGで
す。特に引き戸や階段の設置される場所はよりシビアに見る必要があります。
そういう重要な部分では910mmピッチで、その他の部分ではだいたい2mピッ
チくらいで一ヶ所づつレベルという測量機器で計測していきます。

結果は上々でした。
手直しが必要な箇所は一ヶ所のみ。なかなかの精度でした。

More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-31 18:08 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 立上がりコンクリート打設

b0171510_18131961.jpg


立ち上がりコンクリートを打設しました。

ポンプ車というコンクリートを圧送(あっそう)する車両で生コンを送り打設
していきます。

画像の太いホースを担いでいるのがポンプ屋さんと呼ばれる職人さんです。
その横に突っ込んでいる細い棒のようなものは、バイブレーターといって、細
かく振動しコンクリートの回りを良くする機械です。

More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-27 18:12 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 型枠建て込み完了

b0171510_17535878.jpg


間仕切りの立ち上がり型枠の建て込みが完了しました。
併せて、昨日少しし残したアンカーボルトのセットがありましたので、それを
設置し、全体的に抜けがないか検査を行ないました。

明日は立ち上がりのコンクリート打ちです!
[PR]

by kgfujino | 2009-08-26 17:55 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 アンカーボルト設置

ベースコンクリートを打設し、本日はアンカーボルトの設置を行ないました。
他の監督さんはどうかは知りませんが、私はこのアンカーボルトの先行設置
だけは必ず自分の手でで行なっております。
暑い日は辛いですが・・・(苦笑)


今回使用するアンカーボルトです。

b0171510_1649788.jpg


More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-25 17:21 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 配筋検査

b0171510_16154177.jpg


基礎の鉄筋が組み終わり、社内検査をしたあと瑕疵保険会社の配筋(鉄筋)検
査を受け、無事合格いたしました。

鉄筋の太さ、位置、ピッチ、開口部の補強、かぶり厚さなど、鉄筋に関するこ
と全般と、敷地に対する基礎の配置と高さ関係も検査を受けました。

More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-24 17:57 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 捨てコン・墨出し

防蟻工事(土壌薬剤散布)が終わり、防湿シートと呼ばれる、地面からの湿気
を防ぐためのビニールシートを敷き詰めた上に、捨てコン(捨てコンクリート)
を打設しました。

この捨てコンというのは、建物の基礎の形を地面に正確に現していく(墨出し)
ために、その面を平坦にするよう打設するコンクリートです。厚みは通常50mm
~60mm程度となります。墨出しが済むと用済みですから、その名の通り捨て
コンと呼ばれます。

※正確には型枠の固定のために釘打ちをするのにも必要ですが・・・


b0171510_1142677.jpg


地墨を出しているところです。
この段階では立ち上がりの鉄筋位置(立ち上がり芯墨)を主に出します。その
上で建物外周の外面(ソトヅラ)の墨も同時に出し、外周の型枠が組めるよう
にします。

More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-20 11:40 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 基礎工事 掘削・砕石地業

b0171510_174315100.jpg


擁壁の施工中も出来る範囲で仕事を進めていた本体の基礎工事ですが、擁壁が
完成し掘り方や砕石もきれいに形になりました。

今回はこの砕石中にφ100mmの塩ビパイプを仕込んで、土中の空気を循環させ、
室内に取り込むという工事を行ないます。

その配管工事が終わると、白蟻防除の薬剤の散布(土壌処理)を行い、防湿シ
ートを敷き込んだ上に捨てコンを打ち、鉄筋、型枠、生コンと進みます。

また順番にUPしていく予定です。
[PR]

by kgfujino | 2009-08-17 17:44 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 擁壁工事 完了

先日の型枠を取り外し、擁壁の完成形が姿を現しました。
今回は打ち放しの擁壁ですが、なかなか仕上がりもGoodでした。

b0171510_17362370.jpg


これにて土留めの工事が完了し、やっと建物本体の基礎工事を本格的に進める
ことができます。

外構の一部にもなっておりますので、まだまだこの擁壁廻りでは工事が残って
いるのですが、とりあえずこれで一段落しました!
[PR]

by kgfujino | 2009-08-16 17:34 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 擁壁工事 型枠工・生コン打設

鉄筋工事が終わると、型枠というコンクリートをとめるせき板を施工します。
これも専門の職人さんがいて、型枠大工と呼ばれます。

b0171510_1811595.jpg



型枠が完了し、生コンを打つ段取りをしています。

b0171510_17284777.jpg




b0171510_17292292.jpg


あいにくの雨天でしたので、打設後にコンクリートが雨に打たれないよう、養
生のビニールシートを先にセッティングしておきます。打設後すぐに雨よけが
出来るようにという配慮です。
[PR]

by kgfujino | 2009-08-10 17:27 | 宝塚市C様邸新築工事  

C様邸 擁壁工事 鉄筋

捨てコンの上に打った地墨を基準に鉄筋を組み立てます。
鉄筋は設計図によって、種類、径、ピッチなどが決められていますので、現場
でちゃんと仕様どおりになっているかを検査します。

b0171510_16242282.jpg


ちなみに今回の鉄筋は、

More
[PR]

by kgfujino | 2009-08-06 18:59 | 宝塚市C様邸新築工事