C様邸 擁壁工事 鉄筋

捨てコンの上に打った地墨を基準に鉄筋を組み立てます。
鉄筋は設計図によって、種類、径、ピッチなどが決められていますので、現場
でちゃんと仕様どおりになっているかを検査します。

b0171510_16242282.jpg


ちなみに今回の鉄筋は、






ベース(底盤)
 厚:200
 鉄筋種類:SD-295
 主筋:D13@200ダブル
 配力筋:D13@250ダブル

立ち上がり
 厚:200
 鉄筋種類:SD-295
 縦筋:D13@200ダブル
 横筋:D13@250ダブル
 巾止め筋:D10@1000 

となります。

写真には写っておりませんが、「ドーナツ」と呼ばれるスペーサーを鉄筋に
取り付けて、型枠との隙間を確保します。その隙間は「かぶり厚」といいま
して、鉄筋の腐食を防ぐための重要な隙間となります。これは鉄筋コンクリ
ートの使用箇所や用途などによって法律で定められております。
[PR]

by kgfujino | 2009-08-06 18:59 | 宝塚市C様邸新築工事  

<< C様邸 擁壁工事 型枠工・生コン打設 擁壁工事 砕石地業・捨てコン・... >>